09.11

作って食べるという行為。どういうわけか無性にはまっていて、特に食材を切る作業が楽しい。リズミカルにワケギを切ったり、タマネギをみじん切りにするために縦横と切ったり。綺麗に切るために包丁を研ぐ作業も好きだ。自分の道具を大切に使うため、その手入れの作業がたまらない。もはや深い域にはまりつつある(たいした料理はまだ作れないのに)が、今日2つの短期保存食を作った。1つは「みょうがの甘酢漬け」そしてもうひとつは「タコのマリネジェノベーゼ風味」。どちらも作業は至極簡単。できたらこれを酒の肴にして飲むのが楽しみなのだ。

09.10

Konica Electronにjunkで遭遇&get。アルミホイルを使って電池LR44を入れて動作した。その後分解してファインダー清掃。初Hexanon。どんな写りになるか楽しみ。とりあえずkonica400詰めて撮ってみよう。

IMG_9108

09.09 autumn

海で撮った写真があがってきた。ほぼすべてNikkor 35mm/f2で撮った。Filmはkonica100。WBがおかしいけれども期限切れのFilmだからこんなものか。そしてkonicaは相変わらず桜色。この独特の発色が好きでよくkonicaを使う。もう売っていないけれど。この日は初秋で良く晴れた日で日差しは強いけれどとても涼しかった。海水浴シーズンはとっくに終わっていて静かな海辺だった。海の家もシーズン中の後片付けをしているところもあった。

000026

000017

000027

000008 000027

000009

09.08

ここ数日料理にはまっている。こんなことは初めて。何かを作ってそれを食べるという行為がとても新鮮で、かつ人に(家族に)食べて貰うということがとても楽しい。どうしてこの楽しさに今まで気が付かなかったんだろう。でも毎日ということになるときつくなってくるんだろうな。食事を毎日作る世の中の女性(母親)の大変さが少しわかったような気もする。感謝です。これから時々作ります。

IMG_9051

09.06 vongoooooole!!!!!!! 

昨日upした写真「男子」は、子ども達の顔がモロに出ていたので念の為削除しました。いいねを頂いていた方々すみませんでした。<(_ _)>

さて、午前中仕事の最中から無性にパスタが食べたくなった。しかもガーリックの効いたオイル系。頭の中にボンゴレが浮き出てきてどうにもならなくなった。早速通りがかりのスーパーでアサリと1.6mmパスタを買い込み台所へ。オリーブオイルをフライパンに流し込みニンニク、鷹の爪で香り付け。いい匂いがしてきたらアサリを放り込む。パスタのゆで汁、白ワインをばばっと入れてフタをして蒸す。殻があいたら塩コショウ。で殻を別皿に移して、スープに刻んだパセリを投入。で、ゆで上がったパスタを放り込んでからめる。アサリにネギをちらしてコンプリート。

 

DSCF7624

09.04 plus

DSCF7611

今日使ったカメラ。Nikon FA、高校生の時から使っている。35mm/F2のニッコールレンズがお気に入り。フィルムは安フィルム、konica centuria400。独特の色味(ピンク色にかぶる)が気に入って使っている。今はもう製造していないから、オークションなどで期限切れのモノを見つけては購入している。

09.04

もともと大勢でいるよりもどちらかと言えば一人でいるのが好きな性格。歳を重ねるとますますその傾向が強まり、また仕事柄一人で遂行する場合が多く(特殊な自営業のようなものなので)、いかんともしがたい。かつての友人とも疎遠になるばかりである。以前は一人で近所のBarなどにふらっと飲みにも出かけたけれど、最近はもっぱら「宅飲み」である。自然と一人で出かけることが多く、時間が空くと僕はよく海に出かける。少し歩きながら気になった場所を写真で切り取る。毎回毎回同じ物を写していることに気づくのだけれどそんなことはお構いなし。気になるモノはいつだって写す。そしてフィルムに残しておく。基本はモノクロフィルムで写して、帰ってきて自分で現像しその後スキャンニングする。写真は出来るだけモノ(フィルム)の状態で残しておくことにしている。でも、いつまで続けられるんだろう。いつかフィルムが売っていない、なんてことになるのだろうか。その時のことを考えると少しだけ寂しい気分になる。今日も海に行ってきた。海沿いの町。漁港。漁村。コンビニ。くたびれた喫茶店。釣具屋。無造作に干された洗濯物。老婆がひとり。海に行って海を写してくるとは限らない。

以下の写真は1ヶ月前のもの。今は少しだけ秋に近づいていた。今回もカラーネガで撮ったのでネットで安いラボに現像を出した。手元に届いたらまたここにupしようと思う。それまではどんな写真があがってくるか楽しみに待っていようと思う。

Untitled-18

Untitled-24

Untitled-16

Untitled-22

Untitled-9