03.17

暖かくなってきた。例年より早い春の雰囲気。3月に入って週末に仕事の予定が入ってくる。こちら雪国は雪解けを待つ人が沢山いる。数日前から左官工事が入り客殿が煩雑に。昨日工事の終了と同時に某法事があった。廊下のあちこちに、木彫りのワシの置物(笑)やら綿木の入った壺やら、箪笥やらがそのままの状態。

川内倫子さんの写真集を見た。紡がれていく家族のストーリーを撮影者(に近い)の気分で読み込んだ。特におじいさん、おばあさんに注がれるまなざしが素敵だと思った。年をとっていく老人達とは対照的に孫達の成長があり、結婚式も撮影されている。途中、食べた後のスイカのカットが象徴的に入る。これは表紙に使われているけれど、おじいちゃんが食べたのか、写真家本人が食べたのか?どちらにしても食べ残しのスイカの赤と黒いつぶつぶの種とうすいブルーのお皿との色彩のコントラストが切なく印象に残る。こんな写真を撮れる感性を持ちたいな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中